企業看護師の年収を病院勤務と比べてどうなのか

企業看護師の年収は、当然ながら勤務する企業の社員の収入がどのくらいなのか、ということに左右されます。大企業であれば社員に匹敵する収入を得られるでしょう。ただ、一般に言えるのは、製薬会社に依頼された「治験コーディネーター」になるのでもない限り、企業看護師に転職する人は、年収の多い少ないだけで決意したのではない場合がある、ということです。 企業看護師になると、病院勤務をしていた時よりも収入が下がるのは珍しいことではありません。これは、その企業の社員の年収が低いからとは限らないのです。病院勤務をしている看護師が高い収入を得ている場合、夜勤などの各種手当てによるところが少なくありません。しかし、その代償として、不規則な生活で緊張を強いられる夜勤は心身共に大きな負担となります。 企業看護師は、夜勤は通常ありませんし、企業が休みであれば休みとなります。手当の分収入が減ったとしても、自分の時間を多く持てるような働く環境を選ぶ人がいるのは当然です。